群馬の観光

【土合駅】関東の駅[百選]に選ばれた「日本一のもぐら駅」

土合駅、462段の下り地下ホームへの階段ツァー体験

映画のロケ地のような土合駅

土合駅 日本一もぐら駅

「ようこそ日本一のモグラえき」土合駅は、群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽にあるJR上越線の駅。車で来ると国道291号線沿いにあります

土合駅 日本一もぐら駅

みなかみ町の温泉街から32分、土合駅に着きました

猛暑の夏、冷感を感じる「地下338メートル奥深い駅の下りホーム」として注目されています

下り地下ホームは462段、長いトンネル、モグラのように潜っていかないとたどりつかないホームなので通称「モグラ駅」と

みんな汗をふきながら出てくるので、タオルを持っていくことに。相当きつそう(^0^)

土合駅駐車場

下り地下ホームを目当てに車で来る観光客も多いみたいなので、駅前Pの広場について報告を!未舗装で傾斜があり大きな石がゴロゴロしてて車で来る方はご注意を!

広場の右側にある売店の廃墟の跡を見ると、昔は登山の利用者で賑わった様子が感じられました

土合駅改札口

左←が下りホーム越後湯沢・小出・長岡・新潟方面(462段の階段を下りますので、10分を要します)と注意書きがかかれた看板もありました

入場券がなくても入れるので車で、来た人も安心して階段ツァーをを体験できます

右→が上りホーム水上・高崎・大宮・上野方面 

上越線時刻表

上越線時刻表1日5往復。普通列車で利用客は20人前後(ほぼ登山客)

乗車駅証明書 乗車駅証明発行機

乗車駅証明書。無人駅なので電車に乗る人は、乗車駅証明書を!!

記念にいただきました。ごめんなさい

下りホームへ

土合駅外観も大きかったけれど通路もこの通り広い(有人駅の名残ですね)

下りホームの渡り廊下

昔の映画のシーンに出てきそうロケーション

改札口から下りホームへ行く途中の湯桧曽川と国道291号線に架かる連絡通路

土合 渡り廊下

渡り廊下からのガラス窓ごしの景色は、レトロな昭和の雰囲気がでていますね!いいね!

渡り廊下からの景色

この景色を見ると川と緑にかこまれた山岳地帯にある駅だと認識します

土合駅下りホーム入り口

いよいよモグラのように462段の階段ツァーへ降りていきます

土合駅下りホーム階段

先が見えないので階段の長さを感じます

階段は、5段降りると踊り場があり意外と歩きやすいです

途中、休憩用のベンチが設けられています。疲れたのでひとやすみ

下りホームの階段脇の清水

わきに谷川の山の水が流れてて、涼しさを感じさせてくれます

冬はきっと寒々としてますね。筆者は夏、真っ盛り8月に来てます

下りホーム到着

下りホーム到着 462段降りました。下りでも疲れました

時間にしたら15分位かかりました。(個人差もある)

いよいよ土合駅下りホーム

いよいよ土合駅下りプラットホームへ

土合駅ホーム

土合駅海抜583.41Mと表示が

海抜とは一定の海面を基準として表した。山や陸地などの高さ。日本では、東京湾の平均海面を海抜0メートルとする

首元が寒くなり汗かき用にもってきたタオルは、肌寒いのでスカーフの代わりにします

それだけ涼しいです

土合駅下りホーム向かって右側にトイレと待合室があります

トイレは非常に助かります

出口への案内板

出口方面の案内板

ようこそもぐら駅へ

電車から降りた人への「日本一のモグラ駅」の案内看板

土合駅改札口方面へ

階段左端に岩盤が露出した部分があります

将来のエレベータの設置のために残されたスペースでした

現在は利用客がすくないので設置予定はないようです

設置したらものめずらしさがなくなり、これほど注目されなかったかもしれませんね

完成当時、この階段で疲れるようでは、山登りは、無理だろうと言われたそうです

改札口へ上り階段は途中、2度程ベンチで休憩

駅構内のたて看板

改札口をでたら駅構内の様子を落ち着いてみられました

先ほどまでは、下り方面への階段数ばかりが気になり、駅構内の様子がゆっくり見られませんでした

日頃の運動不足が階段ツァーに耐えられるかと心配でした

中高年遭難多発注意の立て看板や登山者カードなどを見るとやはり登山者が利用する駅だと痛感しました

土合駅構内 寄せ書き

ぐんまちゃんが階段を上がってる姿がかわいい。構内の寄せ書き

登山者カード

山登りはまったく無縁なので初めて見る登山カードには見入りました

当然、カード投入口には鍵がかかっていました

群馬に住みながら、土合駅のことをつい最近まで知りましたでした

下り地下ホームまでの往復は疲れましたが達成感も感じ、楽しかったです

地中深い場所に下り地下ホームを作った先人を尊敬します・・・

土合から湯檜曽温泉までの道中

緑の絶景!!土合から湯檜曽温泉への道中

湯桧曽 足湯

湯桧曽足湯、国道291号沿いにあります

源泉そのままの掛け流し

六角形のあずまや風で、外側と中心に腰掛けて足湯に浸かります

てすりもついていい感じです。駐車スペースは7台置けます

湯桧曽 足湯②

川のせせらぎの音と緑に囲まれた景色の中で足湯に入るの最高!

すぐ横に沢があり湯桧曽川が流れています

壁には近辺の写真が貼ってありました

足湯

土合駅の長い階段ツァーで疲れた足は足湯に浸かってうそのように足が軽くなりましたよ

足湯代は、寸志100円払えばいいみたい

この足湯はほっこりしておススメですよ

足湯のそばにある薬師如来

源泉は、このお堂の(薬師如来)のすぐ裏手にあります

ASIMA

湯桧曽温泉から車で9分。国道291号線沿いに北欧風建

みなかみ町にある「カフェASIMA」でランチ

前からこのカフェが気になってました

店内は昼時間のせいか6組ほど並んでました

外のテラスでは、わんちゃん同伴の方もいました

ASIMA 焼きカレーきのこ

焼きカレーが有名なので「きのこ焼きカレー+ミニサラダ+ドリンク」1620円

カレーとチーズがマッチしておいしかった!

ASIMA 焼きカレー野菜

こちらは、「野菜焼きカレー+ミニサラダ+ドリンク」1620円

野菜からでる甘みでまろやかな味でした

これもおいしかった!筆者は、野菜焼きカレーのほうが好みです

売店でなたね油(オーサワ)を購入500円

ほかに香料(カレー粉)と健康食品などもありました